「HIFANA 24H」が6/2より全曲試聴開始

W+K Tokyo Labからのニューアルバム「HIFANA 24H」が完成間近。 リリース日は、7/28(水)に決定。6/2より、全ての楽曲の視聴サンプルを ここで聴くことができます。チェックしてみてください。 We are about to finish production for Hifana’s new album 24H. The release date has been set on 7/28. You can check out listening samples for all the 12 tracks here. Please enjoy.

New contents released

W+K Lab Mobileから新しいコンテンツの配信開始。幅広いモチーフを直線や面で再構成し、独自のイメージを構築する渋谷忠臣によるキセカエ「GORILLA」と、なつかしのHIFANAキャラ満載のラテンテイストなキセカエ「TACOTRUCK」の強力な2本。携帯からのダウンロードは、http://wklab-mobile.jp/へ。 Two new “Kisekae”, downloadable skin for mobile phones, have just released from W+K Lab Mobile. “GORILLA”, created by Shibuya Tadaomi, who is pulling attention for the original style of illustrations based on sharp line and cubic surface, and “TACOTRUCK” by HIFANA, colorful and Latin flavored Kisekae based on their old school characters. […]

R.fm

スウェーデンの首都ストックホルムに本拠地に置き、厳選した世界中のアンダーグラウンドカルチャー情報を紹介するポータルサイトR.fmがW+K Tokyo Labをスペシャルフィーチャーする。 R.fm, the portal site of international underground culture, based in the Swedish capital of Stockholm featured W+K Tokyo Lab.

Pissenlit

東京と仙台に拠点を置く、ヴィジュアルデザインスタジオWOWによる実験的なプロジェクト「WOW idt」のサイトがオープン。今回発表された3作品の中の「Pissenlit」という作品の音楽制作をJEMAPURが担当。素晴らしい音と映像によるシンクロが実現しています。 Visual design studio WOW, based in Sendai and Tokyo, has just opened new site for “WOW id“, their experiment project. JEMAPUR created music for “Pissenlit” which was one of three works they have released on the site. You can see amazing synchronization between music + visual in this piece.

NIKE MUSIC SHOE

現在、twitterなどで話題のNIKE FREEというキャンペーンに、HIFANAがフィーチャーされています。145万回ヒットのYoutube clipで話題の真鍋大度率いるrhizomatiksと、WK Tokyoとのコラボレーションによって制作された「音のでるシューズ」を演奏したドキュメンタリー映像です。http://nike.jp/musicshoe/. サイトからはビデオと曲がダウンロード可能。 携帯からのダウンロードは、W+K Lab Mobileから。 There has been a huge buzz in twitter recently regarding the NIKE FREE campaign featured HIFANA. In this documentary like video, HIFANA perform with NIKE music shoe as an instruments. The project is a collaboration by W+K Tokyo and rhizomatiks, digital creative house which is led by […]

W+K Lab Mobile

Tokyo Labの携帯サイトのパイロットヴァージョンが立ち上がりました。正式名称は、W+K Lab Mobile。 Docomo, AU, Aoft Bankの公式サイトです。フルローンチは3月を予定。 The pilot version of the lab’s mobile site has been launched. W+K Lab Mobile is now an official site on three carriers, NTT Docomo, AU and Softbank. Full launch will be March, stay tuned. http://wklab-mobile.jp/ ●docomo Menu list > Kisekae Tool > Illustration メニューリスト→きせかえツール→イラスト ●au Top menu […]

iTunes Japan Sound of 2010 : 2010年期待の新人アーティスト!

この度、iTunesから2010年最も活躍が期待できる新人アーティストを選出し、発表する「iTunes Japan Sound of 2010」が本日発表されました。今回発表された10組のアーティストの一人に鎮座Dopeness選ばれました! 詳細は下記のリンクから! http://www.apple.com/jp/promo/soundof2010/

UMB Grand Championship2009

現在の日本の音楽シーンにおいて、熱い盛り上がりをみせるUltimate MC Battle。 鎮座Dopenessは、オリジナルなフロウと、圧倒的なスキルで、シーンの注目を常に集めながらも、その突出しすぎる独創性がゆえに、タイトルとは無縁のまま、無冠の帝王と評されてきた。が、昨年の鎮座は違った!東京予選で優勝したかと思いきや、12/28に川崎クラブチッタで行われたGrand Championship2009ではなんと全国優勝。時代がついに鎮座に追いついた。おめでとう鎮座Dopeness !!! 

鎮座DOPENESS “100% Rap”

W+K Tokyo Lab 12枚目のリリースは、アンダーグラウンド・ヒップホップシーンや、一部のクリエーター達の間で、熱い注目を集める異才MC 「鎮座Dopeness」。 圧倒的なスキルと表現力によるフリースタイル・パフォーマンスが、16万回を超えるYou tube clipや、Libra Records主催のMCバトルなどを通じて話題を呼び、熱烈なコアファンを増殖させてきたが、ファースト・ソロアルバムがついに完成!鎮座が敬愛してやまない現在の日本の音楽シーンを代表するプロデューサー13名を起用。ヒップホップ、ブルース、ファンク、レゲエなど多様な音楽がミックスされたカメレオンのような音楽性、フロウや韻における際立った独創性、ブルージーかつフリーキーな唄心を合わせ持つ鎮座の異才ぶりが十分に表現されたアルバムとなった。ジェットコースターのようなリスニング体験。アルバムリリースは、9/16 (水)。 www.chinzadopeness.com www.myspace.com/chinzadopeness   鎮座DOPENESS『100%RAP』  2009年9月16日発売 13曲収録 ¥2,500(tax in) TOCT-26859 W+K Tokyo Lab / EMI Music Japan 1. ごあいさつ  Produced by 高田漣 2. オラハラッパー  Produced by SKYFISH 3. HIP HOP IS…  Produced by DJ YAS from KEMURI PRODUCTIONS 4. PO pt.2  Produced by OVE-NAXX 5. 朝起きて君は…  Produced by UC a.k.a. DJ UPPERCUT […]

Jemapur’s Exclusive Mix on W+K Radio

Jemapur did an exclusive mix for W+K Radio and it will be broadcasted tonight 1am and tomorrow morning as below. This 60 minutes mix includes wide range s of good electronic music from experimental to techno, as well as 3 original works that he released from the Lab recently.   Now his latest album evacuation […]

« go backkeep looking »